こんにちは、コンサルタントの山吹です。

 

今回の独り言は「結束」というテーマでつぶやいていきたいと思います。

 

皆さんは、毛利元就という戦国武将をご存知でしょうか??

 

毛利元就(もうり もとなり)という人は室町時代後期から戦国時代にかけての安芸(現在の広島県西部)の国人領主・戦国大名だった人です。

 


僕が尊敬する歴史上の偉人の一人です。

 

元就は「戦国最高の知将」と評されるほど戦国時代随一の頭脳の持ち主だったと言われています、また、非常に人の“結束”を大事にしていた大名だとも伝えられています。 

 

最初、毛利家の領土は安芸国(現在の広島県西部)の小さな大名として、隣国の大名に支配されていました。ところが、元就が当主になると、持ち前の知略で安芸国内を統一し、さらに数々の合戦に勝利したのち、最終的に安芸国をはじめとする10か国(現在の中国地方全域)まで勢力を拡大させました。


これは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の戦国三傑に匹敵する出世頭だと称されています。

 


特に子供たち、家臣の結束に非常に気を配り、「三子教訓状」(元就が3人の子供に書いた文章)をはじめ、家臣に対して書いた手紙が数多く残されています。


さらに領民の信頼も厚く、元就が合戦に出かけるときには領民自ら合戦に参戦したほどだったと言われています。

 

そんな毛利元就の有名な逸話として「三本の矢」というのがあります。



ある日、元就は三人の息子(隆元・元春・隆景)を枕元に呼び寄せ、1本の矢を折るよう命じました。息子たちが難なくこの矢を折ると、次は三本の矢束を折るよう命じましたが、息子たちは誰も折ることができませんでした。

元就は一本では脆い矢も束になれば頑丈になるということを示し、三兄弟の結束を強く訴えかけた…というものです。これが有名な「三本の矢」の逸話です。

 

 

そうして元就が残した結束の重要性についての教えは、元就が亡くなってからも脈々と毛利家に受け継がれていきました。

のちの関ヶ原の合戦においては西軍の総大将として、孫の毛利輝元が徳川家康に負けてしまい、最終的に毛利家は長州藩に押し込められてしまいましたが、毛利家はばらばらになることなく、常に結束意識持ち続けていました。

時が経ち江戸時代末期、毛利敬親の時に長州征伐等による幕府からの圧迫を受けた長州藩でしたが、吉田松陰高杉晋作桂小五郎等の有能な人材を輩出し、彼らの“結束”により倒幕に成功し、最終的に明治維新を成就させました。

 

毛利元就は人の結束の大切さを非常に理解していた人物だったと言えます。

だからこそ、小さな一大名から中国地方全域を領地とする大大名になれたのだと思います。

 

皆さんも仕事の中で大きなプロジェクトでも日々の業務でも1人で行っていくというよりは、必ず誰かと協力しながら進めているはずです。

 

ここで重要なのは、矢が仮に三本あったとしても“束”になっていなかったら意味がないという事です。三本の矢が束になるからこそ、折れない強靭な強さになるのだと思います。

 

もしこの三本の矢がばらばらなら1本の矢である事と対して変わりがない事になってしまいます。

 

これは人にも言えるのではないかと思います。

 

つまり、何人人が集まっても、それぞれがばらばらに考え、動いていては強靭な強さにはならないという事です。

だからこそ、毛利元就のような人を束ねるリーダーの存在が必要不可欠なのだと思いますし、一人一人が束になるという意識が非常に重要なのだといます。

 

そういった人を束ねる上で基本となるスキルが“コミュニケーションスキル”なので、皆さんもそういった人の“結束”を意識して日々のお仕事、勉強を頑張って頂きたいと思います。

 

僕もそういった人を束ねていける人材輩出のための教育づくりをコンサルタント一同“結束”して作っていきたいと思います。



※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ