みなさんこんにちは

 

コンサルタントの池田です。

 

前回は、成長の秘訣第二弾をお伝えしましたが、、

 

 

今回は、

「目標を達成する為の秘訣」

をお伝えしようと思います。

 

 

最近ニュースを見ると、契約更新の話が良く出てきています。

 

内容は、年俸○○億円突破や、逆に○○万円ダウンなど前年比での話がメインになっていますが、

 

そこで、プロ野球選手の中には、移籍交渉権だけの価格で約80億は下らないという話が出て話題になっていたりします。

 

仕事の報酬は、

「仕事の成果に対する対価」

と考えると、、、、約80億という金額は、名実共に評価をされている。

とも受け取れるとれる為、何十年に一度の逸材と言われているのも納得できます。

 

 

また、書店にはよくビジネス雑誌の表紙で、

「年収2000万の人の仕事術」や「成功者の考え方」

などがよく見かけるように

 

「優秀になりたい!」という気持ちや、「高給取りになりたい!」

といった自分の夢・目標はみなさん持っていると思います。

 

そこで、自身の夢・目標を達成する秘訣として

 

「今の自分は、夢の実現・目標達成の為に必要な努力が出来ているのか、できていないのか」

 

という事が挙げられます。

 

 

 

書店に行くと、ビジネス雑誌と共に、

パナソニック創業者の松下幸之助氏や、

マイクロソフト社のビルゲイツ氏など、

 

世界に名をはせ、世に認められている人の偉業について書かれている本が多く出版されていますが、

 

過去の偉業と共に常に記載されているのは

 

「偉業を達成する努力を常に行った」

 

という事も同じように多く記載されています。

 

 

自分自身、仕事をする上で夢・目標は常に意識し頭に置いていますが

その夢や目標を達成する為の努力に対して

十分だ。と思えるほど出来ているのか

様々な成功者の書籍を読むたびによく考えさせられます。

 

情報化社会が進み、様々な情報が入り乱れ

「何を、どう努力すればいいのか」

という方法論も多様化・複雑化している世の中ですが

 

一度パソコンの電源を落とし、テレビを消して

 

自分が実現したい事を実現する為に

「今の努力で足りているか? 必要な努力に対し、できていない事を正当化していないか?」

 

を考え、自分自身と向きあう時間を設け

最終的に、「目標達成に直結する努力を常に自問自答する」

というコンピテンシー構築のきっかけにしてみてください。

 

今までとは違ったものが見えるきっかけになると思います。

 

 

 

 ※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

 

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ