みなさんこんにちは、コンサルタントの池田です。
最近は寒くなり、インフルエンザも流行ってきていますが
みなさん体調管理は万全でしょうか。

今日は、能力向上の為の秘訣第4弾をお伝えしようと思います。
それは、、、、「自分の成長を確認する」という事です。
一見当たり前のことですが これは自身のモチベーション管理に効果があります

その例として 先日、私が講師としてトレーニングクラスを行った際 講義終了後に、
少し不安そうな顔をしている受講生がいたので 気になって話をしたのですが、
その時に聞いた言葉が

「事前に自宅で練習をしてきたのに、イメージどおりワークが進められなかった」

というもので
自宅で練習を行い、イメージを持ってワークを行う事は成長が促進されるため
しっかりと実行している事に嬉しく思いました。

そして、聞いた僕自身その受講生の努力に応えるためにも
良いアドバイスがしたいと思ったのですが
状況によって話す内容が変わる為、少し話を伺ったところ
下記の事が分かりました

1.受講開始から約2週間ほどだった
2.できなかった部分より、新しくできるようになった部分の方が圧倒的に多かった

というものです。
そして更にお話を伺った結果、
その受講生が不安そうな顔をしていた理由は

早く成長したいという気持ちが強かった為 できるようになった部分でなく、
出来なかった部分だけに意識が向きすぎてしまい
その高い目的意識と成長意欲が逆にモチベーションを下げてしまう結果に繋がっていたという事

その結果、自分の成長に不安を感じてしまっていた。
という流れでした。

時間にして、10分ほどの会話でしたが
自分が新しく出来るようになった部分と、まだできていない部分の2つの事実を
両方正確に認識する事で自身の成長の速度を確認できた結果となり

最終的には

「自宅で練習するだけでなく、出来るようになった事と、まだできない事の両方をしっかり把握してもっと成長してみせます」

という話を聞く事が出来ました。

どんな能力を向上させるためにも
「できないこと」を「できる」ようにしていく
という、シンプルな流れがありますが

自身のモチベーション管理の為にも
現状を正確に把握する為にも

新しくできるようになった部分
まだできない部分

この2点を正確に把握する事は とても有効な手段となりますので
みなさんも是非、一度確認作業を行ってみてください。

※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ