みなさん、こんにちは!

コンサルタントの金井です。

 

オリンピックで日本代表の選手が、

ロンドンで本当に頑張っていますよね。

私はテレビの前で、「ガンバレ〜\(^^)/”」とこんな感じです。

 

今これを読まれている中に、

よなよな睡眠不足気味の方がいらっしゃいませんか?()(´▽`*)

 

 

さて、今回の独り言は、「努力の鉄則」です。

 

===========================================


アイソルート流の努力の鉄則は、

 

「自分がやりたいからやる」

 ⇒誰かに言われたからやるのではない。やらされない。

 

「結果の出る行動をする」

 ⇒結果が出なかったら、努力とは言わない。

===========================================

 

日本代表の選手の皆さんは、

私たちの想像を絶するほどの努力を日々積まれていると思います。

 

でも、誰一人として、コーチや監督に言われて、

嫌々やっている人はいないわけで。。。

 

「勝ちたい」「強くなりたい」「金メダルが欲しい!!」

とそこには必ず、鉄則を満たすための行動があるはずなのです。

 

 

オリンピックって、本当に分かりやすいイベントだと思いませんか?

 

世界一、早い人は誰?

世界一、強い人は誰?

世界一、美しい演技をする人は誰??

 

ロンドンで戦っている選手たちは、

みんな世界一になるための努力をしてきました。

 

でも、世界一になれるのは一人しかいない・・・。

当たり前ですけど、厳しいです。

 

 

例えば、水泳では勝敗の差は「0.01秒」ということがよくあります。

 

たったの0.01秒ですよ!(@o@)”

 

その0.01秒を縮めるために、選手たちは、

毎日毎日コツコツと小さな努力を積み重ねていくのです。

この小さな努力積み重ねが大きな結果を生むのです。

 


 

さぁ、みなさんの次の結果を変えるのは、

今、この瞬間の小さな努力なのではないでしょうか。

 

であれば、私も自分の望む未来ために、

その「努力」を惜しまないという道を選びますよ〜(´▽`*



 
※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。


HOME>コンサルタントの独り言>努力の鉄則(金井)

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ